2011年08月13日

ニガゴリ味噌炒め、大好き♪♪

ニガゴリ って何のことかわかります?

私が生まれ育った鹿児島では、ゴーヤやニガウリのことを、ニガゴリ (もっと訛ると「ニガゴイ」) って言ってました。
大学進学と同時に鹿児島を出て、しばらくは、ゴーヤとニガゴリが、同一のものと思っていなかったぐらい。だから、同一のものとわかってからは、関西や関東ではゴーヤとかニガウリとかって言うので、私もそれに倣っていたのですが、今日は、あえて ニガゴリ と表記しました。

私の中でのゴーヤのお料理NO.1は、ゴーヤチャンプルーではなくて、この ニガゴリ味噌炒め だから。
実家の母が作る ニガゴリ味噌炒め は絶品で、とても美味しかったのを覚えています。
とはいえ、子供の頃は、「なんでこんな苦いのが美味しいの?」なんて思っていたので、比較的大人になってから、その美味しさに目覚め、大好きになったのですけどね!!

DSCF4478-2.jpg

ニガゴリの苦味とお味噌とみりんと甜菜糖の甘辛味が、とってもよく合います。これだけで、ご飯何杯でもいけそうだし、ビールも何杯もいけそうなぐらい危険な一品。
私は、ニガゴリのみで作りましたが、実家の母は、これに茄子や豚肉も入れて、茄子のおかげでもう少し水分があって、もっとコクのある味に仕上がっています。
使うお味噌はどの種類でもいいのですが、私のお勧めは断然、麦味噌。私は普段お味噌汁に使っている立科の麦味噌を使いましたが、ホントは、九州で一般的に出回っている少し甘めの麦味噌が、一番合うんじゃないかな、って思ってます。

ニガゴリの陰性さをお味噌の陽性さで、ほどよく陰陽のバランスをとったお料理。
バランスがとれたお料理って、ほんと、おだやかで美味しいなぁわーい(嬉しい顔)
定番のゴーヤチャンプルーも、とっても美味しいけど、ニガゴリの味噌炒めもお勧めですよ〜♪ 是非、お試しください!!

DSCF4480-2.jpg

今夜は、たっぷりのニガゴリ味噌炒めに、先日作ったベジ・キーマカレーの残りを使ってカレーピラフ。
暑さを吹き飛ばすメニューで、美味しく頂きました。ごちそうさま〜揺れるハート

  ☆ランキングに参加してます☆
いつも、応援ポチありがとうございます!
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村



posted by かぉぷぅ at 21:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。